育児

離乳食が大変すぎる人必見!ハンドブレンダー活用法

離乳食作りが大変すぎる…もっと楽にできる方法はないかな。

そんなあなたに子供が1歳半まで育休をとり、離乳食をほとんど手作りしてしまった私がお答えします。

結論から言うとハンドブレンダーを利用し、大量生産、冷凍保存が最強です。
なぜなら週に一回程度大量生産をすれば、他の日は電子レンジで解凍する以外は調理しなくていいからです。

とはいえ離乳食作りは大変過ぎるので頑張りすぎず積極的に手を抜くべきだと思います。
手作りせずとも市販の離乳食だったり、買ってきてすぐ食べられるものもあるので「離乳食づくりに疲れたとき、買ってくるだけ食材5選」も参考にして下さい。

https://namakemononoirutokoro.com/rinyuushoku-5

この記事では楽に手作りしたい人向けに、ハンドブレンダーの活用法と選び方を説明します。
手作りしたいけど、もっと楽したい!と言う方はこの記事が参考になると思います。

ハンドブレンダーとは

ハンドブレンダーとはスティック型で先端に回転する刃のついたミキサーのようなものです。
こんなんです。

容器に食材を入れ、そこにハンドブレンダーをつっこみ、食材を粉砕すると簡単にペースト状、ピューレ状にすることができます。
フードプロセッサー、ハンドミキサーとも呼び、そちらの方がわかりやすいかもしれません。

離乳食はハンドブレンダーで楽につくる

離乳食はハンドブレンダーで大量生産し、小分け容器で冷凍するのが一番です。なぜなら大量生産、冷凍保存を週に一度程度やれば、他の日は電子レンジで解凍する以外の調理をしなくていいからです。

デメリットをあげると、ハンドブレンダーは少量(離乳食一食分)には対応出来ません。ある程度量がないと容器に入れて攪拌できないからです。
小さな器にブレンダーを入れて攪拌するのは危険だし、食材が飛び散るのでやめましょう。

いくつか調理例をあげます。調理したものは、リッチェルのわけわけフリージングブロックトレーで冷凍保存していました。

トロトロ10倍粥

食材:米
炊飯器で10倍粥を炊く。(米から水を加えてレンジでもできるようですが私は成功したことがありません。)
ハンドブレンダーの容器に入れ、スイッチオンでトロトロのピューレ状にに。

豆腐もトロトロにできます!

ささみペースト

食材:ささみ
ささみは筋をとり、片栗粉をまぶして茹でる。
ハンドブレンダーの容器に入れスイッチオンでピューレ状に。
月齢に合わせて茹で汁を適度に加えて食べやすくする

野菜ペースト

食材:にんじん、キャベツ、ほうれん草など
野菜をざく切りにし、レンジで加熱。
ハンドブレンダーの容器に入れスイッチオンでトロトロに。
月齢にあわせて適当に水を加えて再度混ぜる。
離乳食中期からはチョッパーでみじん切り、もしくは粗みじん切りにする。

ハンドブレンダーの選び方

ではどのハンドブレンダーを選べばいいのでしょうか。
多くのものが目的は達せると思いますが、1つだけ大切なポイントをお伝えします。
それは付属品としてチョッパーがついていること、です。

さまざまなアクセサリーがあると思いますが、チョッパーだけは必須です。逆に言うとそれ以外は必要ありません。
なぜならチョッパーはみじん切りに重宝するので離乳食の時期が終わっても利用できるからです。

実際私も離乳食が終わった後も週に2、3回の頻度で稼働させています。普段から料理をする人には必須アイテムとなります。

実際に私はブラウン マルチクイック5 ハンドブレンダーを購入しました。不満な点はなく、3年以上問題なく使えています。
コードレスならさらによかったと思うのですが、コードレスは高いので、これがコスパの面でもよいと思います。

ハンドブレンダーは「【0~1歳の育児グッズ】買ってよかったもの、失敗したもの」という記事でも紹介しています。

https://namakemononoirutokoro.com/ikuji-item

ハンドブレンダーで離乳食 まとめ

  • ハンドブレンダーなら簡単に食材をペースト状にできる
  • 離乳食はハンドブレンダーで大量生産、冷凍保存が最強
  • ハンドブレンダーを選ぶ時はチョッパーが付属しているものを選ぶ

離乳食は大変過ぎるので頑張りすぎず、積極的に手を抜くべきだと思います。ハンドブレンダーは実は離乳食が終わっても長く使えるので迷っている方には非常におすすめできます。

参考になれば幸いです。