ITスキル

ITスキル初心者にプログラミングは必要か?【挫折します】

IT初心者

ITスキルは今後も重要だから、プログラミングくらいできた方がいいと思うんだけど、難しそう。時間をかけて勉強する価値はあるのかな。

プログラマーとして3年ほど働いたことがある私が、そんな疑問にお答えします。

結論としてプログラミングを仕事にしたい人以外はプログラミングを学ぶ必要はありません。
なぜならITスキルは今後も重要となってきますが、ITスキル=プログラミングではなく、むしろもっと重要な要素がたくさんあるからです。

この記事ではITスキル初心者がプログラミングを学ぶ必要がない理由と、ではITスキルを高めたい人は何をすればいいか、を解説します。
この記事を読めばあなたにあったITスキルの高め方がわかるようになります。

明確な目標のないプログラミング学習は挫折する

明確な目標のないプログラミング学習は挫折するため、ITスキル初心者にプログラミングはおすすめしません。
なぜなら頑張って学習しても意外と地味なビジュアルの地味な機能しか作れないからです。

実際私もプログラミングの研修に多く参加しましたが、例えば一日7時間×5日間の研修でもできるものは「フォトビューワ」や「疑似食べログ」のような面白みのない地味なものです。

実用的なものをつくれるまでには継続的な学習が必要なため、3ヶ月でこれを作らなければいけない、半年以内にプログラミングで稼がなければいけない、など切羽詰まった目標がない限り、中途半端なスキルで終わってしまうことが多いです。

ITスキル初心者は挫折しないために何を学習するべきか

ではITスキル初心者はどのようにITスキルを高めるべきか、ここでは3つ紹介します。

ITパスポート試験でITスキルを高める

ITパスポートという資格試験の勉強です。この資格で就職や転職に有利になったり、専門職につくことはできませんが、どの職業の人でも役立つ「業務に活かせるITスキル」を高めることができます。

未経験の人でも独学で合格することができるためIT初心者が学ぶには非常に価値があります。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ブログ運営でITリテラシーを高める

ブログをはじめるものITスキルとリテラシーを上げるひとつの手段です。無料のブログだとあまり意味がないのですが、自分でサーバをレンタルし、ドメインを取得し、WordPressなどのツールを利用して自分のWebサイトをもちましょう。

サーバの設定をする、コンテンツを作成する、サーバにコンテンツをあげて公開する、といったWeb系サービスに関することを学べます。

Scratchでプログラミングの適性を知る

プログラミングに適性があるか知りたい場合はScratchがおすすめです。ScratchとはMITが開発した子供向け(8~16歳向け)のビジュアルプログラミング言語です。

子供向けとなっていますが、大人がやっても多くの学びがあります。ブロックを組み合わせてプログラムを作成し、アニメーションやゲームを作成できる、というものでプログラミング的思考を養うことができます。

ITスキルを高める方法まとめ

  • ITスキル初心者にプログラミング学習はおすすめしない
  • おすすめは「ITパスポート」「ブログ」「Scratch」

ITスキルを高める方法は様々あり、プログラミングができることが最適解ではありません。自分に合った学習を進めることでITスキルを高めていきましょう。

参考になれば幸いです。