育児

【悩みまとめ】男性の時短勤務ってどうなの?【実体験】

男性の時短勤務ってどう思われるんだろう。まわりにとっている人がいないからメリット、デメリットや気をつけることを知りたい。

そんな疑問に育児のために1時間の時短勤務をしている私がお答えします。

男性で時短勤務をしている人はまだ数は少ないと思いますが、実はメリットも多く、私は時短勤務していてとてもよかったと思っています。
とはいってもみなさんのまわりには時短勤務している男性はあまりいないため、なかなかイメージできないと思います。

この記事では男性で時短勤務を検討している人向けに、2年以上時短勤務している私(30代男性)の実体験をお話しします。
時短勤務を検討している方の参考になると思います。

時短勤務をしている私 (30代男性) の状況

私(30代男性)は一年半の育児休業から復帰後、1年間は2時間の時間勤務、その後は1時間の時短勤務としており、現在2年以上時短勤務をしています。

育児休業に入る前は月に60時間残業したり、タクシーで帰ることも多かったのですが、時短勤務にしてからは一度も残業をしたことはありません。(家のことの方が大変なので、体力的に楽になった感じはしませんが…)

会社にいる間、30分時間をつくるのも難しい状態なのでとにかく常に頭はフル回転です。

ただ、正直なところ、残業なしと1時間時短では仕事量や生産性はそれほど変わらない、と思います。
7、8時間全力で働き続けるのは難しく、1時間減らしたくらいの方が全力を出せる、ということです。

働き方改革で全体として残業は減っていると思います。もしあなたが残業していないなら、1時間時短してもそれほど生産性は変わらない、というイメージでだいたい合っています。

時短勤務のメリット、デメリット

メリット

家族との時間が増える
みなさんこのために時短勤務していると思います。しかし多くの場合、仕事より育児のほうが大変なので、これがメリットか私にとってはちょっと怪しいですが…
何かあっても会社は面倒を見てくれませんので、大変だったとしても家庭のほうに重きを置くのは人生設計として当然かな、と私は思っています。

スケジュールの厳しい仕事をふられない
定時になったら100%帰るので、できないものはできないからです。
やるとしてもまわりの人とチームを組んでやるので、厳しいスケジュールの仕事もちょっとストレスが軽減されます。

タスク、スケジュール管理が上手くなる
時短勤務においては自分で仕事をコントロールする必要があるためです。逆にこれができない人にはなかなか時間勤務は難しいと思います。

飲み会がなくなる
私のチームは私以外にも時短勤務の人がいるため、夜の飲み会は一切ないです。歓送迎会は必ずランチ会です。
これは時短勤務の人がいるから、というわけではなく、単に時代の流れかもしれません。

デメリット

給与が減る
これはしょうがないですね。しっかり減ります。しかしそれ以上のメリットがあるため、私はあまり気になりません。

全力で関われていない仕事もある
たとえば関係しているプロジェクトの資料をすべて確認する時間はありません。他の人に任せて、自分はやらないと割り切っています。
ただ、やっぱりちょっとモヤモヤします。
しかし管理職になってもきっと同じことは起きると思うので、ポジティブにあきらめています。

時短勤務の悩み相談

次に私が時短勤務をする前に知りたかった、お悩み相談です。

結論として心配しているようなことすべて杞憂なので、過去の自分に読ませて、心配を払拭させてあげたいです。
時短勤務しようか迷うよりも、自分の選択を尊重しつつ、組織でうまくやっていくことを前向きに考えたほうがいいです。

気をつけること

時短勤務なのと同時に私の場合はいつ子供が熱をだすかわからないため、いつ休んでもいいように残タスクと資料の場所を明らかにしておいています。
まわりの人のフォローがあってこそなので感謝の気持ちを表すことを忘れずに仕事をしています。

まわりからの評判

男性で時短している人がいると心強い、とよく言われます。
自分より若い20代の男性、女性や、同じく時短勤務の女性から言われます。
これは時短勤務した経験がある人が上司になることで社内で理解が得られやすい状況になるだろうことを想定しての発言だと思います。
若い世代に希望を与えられるのはいいことだと思っています。

昇進や評価に影響ある?

これは会社によると思うので一概には言えません。私の会社はそういう雰囲気はないです。
残業が正義みたいな会社で昇進や評価されようと考えている方は向いていないかもしれません。
逆に昇進や評価にはそれほど興味なかったり、会社に依存しない働き方を目指している方には合っていると思います。

まわりの人に迷惑?

これも環境によると思いますが、私は嫌な思いをしたことはありません。
自分で業務や業務量をハンドリングできるため、(立場ではなくスキルとして)それをできるようになることがうまくやっていく秘訣かもしれません。

男性の時短勤務 まとめ

  • 男性の時短勤務は実はメリットも多い
  • まわりに迷惑かも、とかは杞憂なので、自分の選択を尊重しつつ、組織でうまくやることを考えるべき

男性の時短勤務にはメリットも多いので私の経験からお伝えできることをまとめました。
とはいっても仕事や家庭の状況はそれぞれ異なりますので、みんなが時短勤務するべき、というよりは、時短勤務を選択したい人が選択できる社会になればいいと思います。

参考になれば幸いです。