IT資格

情報処理技術者試験は意味がない?

情報処理技術者試験を取ろうと思っているけど、それで専門職につけるわけじゃないし、意味がないんじゃないかな。

といった悩みを持っている方に、最近、応用情報技術者試験に合格した私がお答えします。

結論からいうと資格取得自体に意味はありませんが、資格習得までに得た知識は重要です。
特にあなたがIT業界でないなら、非常に有効で社内で重宝される人材になれるチャンスです。
なぜならあなたがIT業界でなく、あなたの業界とITの知識両方を持っている人はそう多くないため、あなただけの価値を提供できるからです。

この記事は情報処理技術者試験って取って意味あるのかなーと悩んでいるあなたのために書いています。
悩むより行動、ですので今資格を取ろうか悩んでいる人の背中を押せればと思います。

情報処理技術者試験を取得してメリットがある人

結論からいうと資格取得してメリットがある人はIT業界以外の人です。
もう少し掘り下げると

IT業界の人
→必要な知識は業務でつくため、ずっとIT業界にいるつもりなら取らなくてもいい

IT業界以外の人
→取るとメリットがある

です。

なぜならIT業界以外の人は、あなたの業界とITの知識両方を持っていると、あなただけの価値を提供できるからです。
社内でITに詳しいことはそれだけで社内の評価につながる、コスパがいいスキルになるということです。

実際私もIT業界ではないので、ITに詳しい、ということで社内で自分の立ち位置を確立できています。
例えば、

  • システム開発をともなう業務改善プロジェクトが立ち上がる前に声がかかり、自分でコミットしたいプロジェクトを決められる
  • 社内のシステム関連の改善や問題について意見を求められるので自然と自分のところに情報が集まってくる

などです。
それによって仕事が増えることもありますが、それより仕事がしやすい状況をつくることができているメリットの方が大きいです。

情報処理技術者試験はまず受けてみることが大切

情報処理技術者試験は正しい方法できちんと勉強すれば必ず結果が出るタイプの試験です。そうです、筋トレと同じです。
そのため迷っているより、まず勉強をし、受けてみることが大切です。

受けるかどうか迷っている人は、自分のスキル、市場価値を高めたいと考えている人が多いはずです。
厳しいことを言うようですが、これくらいのことができなければ他の資格やスキル取得に挑戦しても成長するのは難しいと思います。

必要な時間も長くみて3、4ヶ月なので不合格になっても大した損失ではありません。
是非チャレンジしてみて下さい。

情報処理技術者試験 まとめ

  • 情報処理技術者試験を取得してメリットがあるのはIT業界以外の人
  • 正しい方法できちんと勉強すれば必ず結果が出るタイプの試験なのでまず受けてみるべき

IT業界以外の人は社内で自分の立ち位置を確立するために適したスキルです。
私は最近、応用情報技術者試験、情報セキュリティマネジメント試験に合格しましたが、どちらも隙間時間の勉強で合格できました。
こちらの記事も参考に、ぜひ挑戦してみて下さい。

ご参考になれば幸いです。