育児

ストライダーか?へんしんバイクか?【結論:4歳前ならストライダー】

子供にランニングバイクをプレゼントしたいけどいろいろあって決められない。ストライダーとへんしんバイクが人気みたいだけど、どっちがいいんだろう。

そんな疑問にお答えします。

結論からいうと、4歳前であればストライダーかそれに準じる軽いランニングバイクがいいと思います。

実は私自身は子供が3歳の誕生日の時にへんしんバイクSをプレゼントしたのですが、ちょっと失敗したかな、という経験をしました。
なぜなら4歳前ではまだ「乗り物」というよりは「玩具」なので、子供にとっては扱いやすいことが重要であり、へんしんバイクは重く、扱いにくいため、子供がなれるまでに時間がかかったためです。
また、大人も持ち運びが面倒でした。

私はへんしんバイクSを購入しましたが、正直みなさまには軽いランニングバイクをおすすめします。
この記事を読めば、ストライダーとへんしんバイクの違いや、あなたがどちらを買うべきかがわかるようになります。

ストライダー、へんしんバイクS、へんしんバイクの比較

ストライダーとはペダルや駆動系がなく、地面を足で蹴って前に進むタイプの二輪自転車で、最もメジャーなランニングバイクです。

一方へんしんバイクはストライダーのようなランニングバイクとしても利用できるし、あとからペダルをつけて子供用自転車としても利用できます。

へんしんバイクよりサイズの小さいへんしんバイクSもあるので、それらのポイントを比較していきます。

ストライダーへんしんバイクSへんしんバイク
対象年齢1.5歳~5歳2歳~5歳3歳~6歳
タイヤサイズ12インチ10インチ12インチ
重量3.0Kg5.0Kg/6.8Kg
(ペダルなし/あり)
5.3Kg/7.5Kg
(ペダルなし/あり)
ペダルなしつけられるつけられる
ブレーキなしありあり

「子供用自転車になるか」と「重量」が大きな違いとなっていきます。

へんしんバイクのメリット、デメリット

へんしんバイクの最大のメリットとデメリットをそれぞれ一点あげると

メリット
あとからペダルをつけて子供用自転車としても利用できるため自転車への移行がスムーズであること

デメリット
とにかく重いこと
子供側→最初はよく倒れるのですが、立てるのが3歳だと一苦労
大人側→持ち運びが大変なため、毎回公園にもっていくのに苦労する

つまりへんしんできる、という点で「乗り物」としてみると優れていますが、「玩具」としてはイマイチということです。

扱いやすさを考えると玩具としてはストライダーの方が優れているため、2歳、3歳に購入する場合ストライダーの方がいいのではないかと思います。

ストライダーとへんしんバイクの自転車に乗れる過程の違い

前述したようにへんしんバイクの最大のメリットは
①ランニングバイク→①´それにペダルをつける→②子供用自転車
②にスムーズに移行できることですが、重量があるため、①の段階である程度慣れるまで頑張りが必要となります。

一方ストライダーは
①ランニングバイク→②子供用自転車
②である程度頑張りが必要となってきます。

どこで頑張るかの違いだけなのですが、②の頑張りのほうが
・子供が成長し、ある程度我慢や忍耐ができる状態である
・大人が自転車をかついで運ぶ必要がない
という点で頑張りのコストが少ない場合が多いのではないかと思います。

ストライダーとへんしんバイク まとめ

  • ストライダーかへんしんバイクの大きな違いは「子供用自転車になるか」と「重量」
  • 4歳前に「玩具」として購入するならストライダーがおすすめ
  • 自転車に乗れるかは、どのタイミングで頑張るかの違いだけ

結論として私の意見は
2歳→間違いなくストライダーかそれに準じる軽いランニングバイク
3歳→基本はストライダーだが、子供、大人ともに重量を扱えそうならへんしんバイクという選択肢もあり

子供の体格によっても何があっているかは違ってくると思いますが、玩具としてはストライダーが優れていると思います。

幸い私の子供はへんしんバイクSが好きなようで、苦労しながらも乗って遊んでいますが、正直私としてはみなさまには軽いランニングバイクをおすすめします。

最後に、ランニングバイクは公道での走行は認められていないので注意して遊んでくださいね。(へんしんバイクを毎回公園まで運ぶのは大変…)

ご参考になったら幸いです。